つかま校トップ免許プラン>大型自動二輪免許

大型自動二輪免許

大型自動二輪免許

大型自動二輪免許とは

バイクの楽しさを最大限に引き出す免許です

自動二輪免許の最高峰です。二輪車であればすべて運転することができる免許です。かつては外来試験でしか取得できない敷居の高い免許でした。今は自動車学校を卒業し、運転免許センターでの適性試験に合格すれば免許がもらえますが、ライダーであれば憧れの免許であることには変わりません。

最短教習時限と教習料金

料金一覧ページへ

つかま校のオプションプラン

◎検定安心プラン/再受験料無料

規定料金にプラス税込3,240円(税抜3,000円)お支払いいただくと技能検定再受験料が無料になるプランです。

  • 年齢制限はありません
  • 全車種対象
  • 検定不合格とならなかった場合、オプションプラン料金の返金はできません

 

◎教習安心プラン/技能オーバー保障

下記コースいずれかをお選びいただくと、それに応じた技能追加料金が保障されるプランです。

K 3コース 規定料金にプラス税込 5,400円(税抜 5,000円)で 3時限分オーバー保障
K 5コース 規定料金にプラス税込 10,800円(税抜10,000円)で 5時限分オーバー保障
K10コース 規定料金にプラス税込 21,600円(税抜21,000円)で10時限分オーバー保障
  • 50歳以下の方に限らせていただきます
  • 全車種対象
  • 規定時限数で卒業された場合でもオプションプラン料金の返金はできません
  • 自由教習は保証分に含まれません

教習の流れ

つかま校ではバイク未経験の方でも大型二輪にチャレンジしています!

img

これまで、大型自動二輪の取得には普通自動二輪免許(中免)の所持が条件の場合がありましたが、つかま校では、これまで全くバイクの経験が無い方であっても、直接大型自動二輪の取得が可能なプランをご用意しました。いきなり大型バイクは…といった不安もあるようですが、実際多くのバイク初体験の方が教習時間の中でも免許取得に必要な技能と知識を身に付け、憧れの大型バイクライフをはじめています。

 

 

大型二輪MT免許簡単フローチャート

 

教習に必要な物

自動二輪教習には、ヘルメット(フルフェイスまたはジェットタイプのもの)、グローブ(軍手不可)、ブーツ(かかとがあり、紐のないもの)が必要になります。お持ちでない方は貸し出しサービスがございます。是非ご利用ください。

 

最短12時間の技能教習で普通自動二輪からステップアップ!

img現在、普通自動二輪免許をお持ちの方なら、最短12時限※の技能教習で、大型自動二輪が取得できます。また現在普通二輪免許をお持ちでなく、大型二輪をお考えの方でも、最初に普通自動二輪免許を取得しておいてから、大型二輪免許を取得されるケースも多いようです。これは面倒なようですが、じっくりと無理なく段階的にステップアップして上達できるということから、指導員おすすめの取得方法のひとつです。

※ 教習習得状況により最短教習時限を超える場合があります。

 

大型二輪MT簡単フローチャート

【言葉の意味】
「みきわめ」とは、運転技能が各段階の目標をクリアしているかのチェックで、検定を受けるための条件です。

 

二輪教習の注意事項

①天候等により教習を中止することがあります。(大雨・雷・雪等)
②ブーツ・ヘルメット・グローブは基本的にご自身でご準備ください。(カッパ・プロテクターは無料貸出です)
ただし、学校に用意している備品もあります。詳しくは、手続きの際に窓口でお問い合わせください。
※購入の際は下記の点に注意してください。
・ ヘルメット・・・・・JISマーク(PSCマーク)がついた物で、ジェット型並びにフルフェイス
           (半キャップ・工事用は不可)
・ グローブ・・・・・・できるだけ摩擦に強い、革製の物
・ ブーツ・・・・・・・・くるぶしが隠れている、二輪用ブーツ (スニーカー可)
・ プロテクター ・・・自動車学校にある物を必ず着用していただきます。
③季節を問わず、長袖・長ズボンを着用してください。(転倒時のダメージ軽減が目的となります)
④濃いスモークシールドは不可となります。(外すことができない場合はシールドを開けて教習を行います)
※②~④が適合していない場合は教習を中止いたします。

img教習中の二輪用品レンタルあります

長袖の上着・グローブ・ヘルメット(ジェットタイプかフルフェイスタイプ)・ブーツまたは運転に支障のないスニーカー
安全に教習していただくため、つかま校ではプロテクターを準備しています。
二輪用品はご自身でご準備ください。ただし、つかま校に用意してある備品をご利用いただく事も出来ます。
詳しくはお手続きの際に窓口でお問い合わせください。