信濃毎日新聞に当校の記事が掲載されました。


[教習所] シールド越しに指導
新型コロナウイルス感染のリスクとなる「蜜」な状態が避けられない自動車内。松本市の信州松本つかま自動車学校では4月中旬から指導員がフェースシールドの着用を始め、教習生からも好評だ。
指導員の手袋やマスクの着用、車内の消毒・換気など感染拡大防止に最新の注意を払っている同校だが、指導員は助手席に座り、声を出さないと指導できない。「フェースシールドはなくてならないものになっています」と中西英隆校長(61)は語る。
教習中の車両をのぞくと、指導員の小川智之さん(25)がマスクの上にさらにシールドを装着していた。当初は物の見え方や教習生に声がよく聞こえるか心配だったというが「すっかり慣れました」。
隣でハンドルを握っていた同市北深志の教習生さん(18)も「マスクだけよりも安心感が強いです」と話した。

選ばれる理由

#01徹底した
感染症予防対策

新型コロナウイルス感染リスクのある状況下において、教習施設のさらなる衛生管理の強化お客様とスタッフの健康管理確認を徹底し、密閉、密集、密接の「3密」を回避する教習環境を作り、お客様に安心して運転免許を取っていただけるよう努めています。
当校での新型コロナウイルス感染予防に対する取り組みについて ⇒ [詳細]

#02自然に包まれた教習環境

美ヶ原を源として松本市内を流れる一級河川すすき川は松本でも指折りの清流です。そのすすき川のほとりに、緑に囲まれた信州松本つかま自動車学校があります。そんな川の流れのようにクリアで人に優しい心を持った初心運転ドライバーの育成に努めています。

#03指導員が丁寧にサポート

確かな技術で責任もって指導してくれる指導員多数在籍!当校では「随時制」(※担当指導員を決めず、お客様の教習したい時間に予約できる指導員が担当するスタイル)を採用しております。指導員が休んでも他の指導員が教習できるので、お客様の都合に合わせて予約が取りやすく、効率的に教習を進めることができます。

入校日・検定日スケジュールカレンダー

入校不可地域:松本市・塩尻市・諏訪市・岡谷市・茅野市・伊那市・駒ヶ根市・飯田市・安曇野市・大町市・東筑摩郡・北安曇郡に在住・住民票がある方は合宿でのご入校はできません、ご了承ください。

卒業生の声